夜の温泉観光地


沖縄の癒しどころと言えば伊豆などの温泉郷ではないでしょうか?

関東から九州エリアにかけても知らない人はいないという位に、沖縄は夏になるとかなりの観光客で訪れる事となります。

それに石垣島・宮古島などの先島諸島で、夏の観光スポット(海水浴)を楽しみながら可愛いビキニなどの女の子を見ながら上手いバーベキューを食べながら海岸でのんびりと過ごすというのは、まさに人生のご褒美と言えることでしょう。

しかしながら、もう1つ大人の男性なら忘れてはいけないのが、夜の娯楽とも言われている風俗遊びではないでしょうか?

また、波の上や松山などの社交街近くには、現在でも手広くとまではいかないですが、裏風俗(連れ込みスナック)などがちまちまと残っているようです。

特に前島や久米辺りでは現役で活動している熟女たちがに、通りすがりの観光客などに声をかけている姿が見受けられます。
このように、ちょんの間のようなイメージで盛り上がりを魅せている風俗街は、やはり那覇市内あたりでしょうか?

温泉地や夏には波を求めて若いサーファーたちも訪れる熱海にある渚町近辺には、昔、青線という遊郭がありました。

青線と言えば無許可で行われていた風俗営業など飲食店と絡めて営んでいたエリアなどを指しますが、通の間では ちょんの間と呼ばれていました。

渚町には、古くから名残のあるの飲食店などの看板が残っているのもありますが、現在は殆どのお店が営業をしていないようです。

そんな現在、青線 赤線が壊滅に陥っている中、多く温泉客を賑わせているのが、出張派遣サービスを行っているデリヘルです。
沖縄のデリヘルは、那覇はもちろん浦添から沖縄市内まで、多くの業者が犇く激戦区でもあります。

サービスもよく、有名ソープランドにも負けないくらいのハイレベルな女性たちが多く在籍しております。

湯上がり後のマッサージを含め、可愛い女の子たちとイチャ×2できるのも沖縄ならではの遊びかたでもあるのです。