ペットと人間の共存に大切なリフォーム


今やペットは家族の一員という考え方で犬や猫を飼っている人が増えているそうです。

ですから犬や猫を室内で飼う人の割合が高くなってもいるのですが、必ずしもそれがペットにとって快適であるとは限りません。

確かに室内飼いなら空調の管理などは万全といえるかもしれませんが、人間には何でもないことがペットにとっては不自由だったり危険であるケースも少なくないのです。

例えばコンセントなど、人間は気にしないものでもペットが不用意に触れたりすると危険ですよね。

フローリングの床も足が滑って歩きにくいので足に負担を掛けてしまったり、怪我をする恐れもあります。

ペットと人間がお互いに快適に生活ができるようにと最近流行っているのが、ペットリフォームです。

床を滑りにくい材質のものに変更したりドアをペットが出入りしやすいように加工するなど、リフォームプランはいくつもあります。

ペットも家族の一員と考えるなら、それぞれが快適で安全に暮らせる家づくりを考えませんか。

ペットに癒し効果を求めるためのリフォーム

ペットは快適ですか?

ぺットを飼う人が非常に増えているそうです。

今では犬や猫、小鳥に限らず、マウスやハムスターといった小動物や金魚や熱帯魚、爬虫類など、ありとあらゆる動物がペットとして飼われています。

ストレス社会の現代、ペットに癒し効果を求めている人がたくさんいます。

また、最近はペットを家族の一員として飼っている、いや一緒に生活しているという人も少なくありません。

それだけ現在ではペットの対する感情が深いものとなっているのでしょう。

したがってペットを家族の一員と考えるなら、人間だけでなく彼らも快適な生活が送れるような住宅が必要なのではないでしょうか。

人間にとって快適な環境が、必ずしもペットにも快適であるとは限らないのですから。

例えば、フローリングの床は動物が歩くには滑りやすいといわれます。

特に年老いた犬や猫などには、足に多くの負担を掛けることになってしまいます。

また猫は自由に外へ出ていきたいものですが、ドアや窓が閉まっていてはそれも叶わず、ストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

小鳥や小動物などを部屋の中に放してしまえばあちこちを飛び回ったり動き回るので、人間にとっては何ともないものでも障害になったり危険なものとなってしまうことも少なくないのです。

そんな問題に対応するために、最近では「ペットリフォーム」をする家庭が増えているといいます。

ペットリフォームとは、ペットも暮らしやすいように家の中をリフォームするというものです。

人間にもペットにも生活しやすい住宅に作り替えるというわけですね。

前述したフローリングの問題なら、床をコルク材に変更するとか、猫の外出問題なら、玄関ドアに出入り自由な小さな猫用のドアを追加するなどでもOKです。

予算や規模に合わせてさまざまなプランもあるようですから、一度業者に相談してみてはいかがでしょうか。

わざわざペットのためにリフォームをするのもちょっと…、という場合でも、ペットがどうすればより暮らしやすくなるかを考えて、そのために家の中を少し手直しするのもいいでしょう。

ペットを快適に過ごさせるリフォーム

最近ではペットも家族の一員という考え方が一般的になっているせいか、多くのペットが家の中で飼われています。

大型犬ですら室内で飼うケースが増えているのですが、そのためにはやはりそれなりの工夫が必要となってくるのは当然です。

我が家で飼っているのは小型犬ですが、今では少し年老いて昔ように元気に走り回ることはなくなってきました。

しかしその分体力が衰えてしまい、小さな段差でもつまづくようになってしまいました。

また、以前からフローリングの床が滑って足を取られていたのですが、筋力が衰えたせいか近頃は余計に歩きにくそうにしています。

そんな様子を見かねて簡単なリフォームを行ない、床は滑りにくい素材のものに、ふすまや障子はペット仕様のものに、さらに畳の上には上敷きを敷きました。

もともと少しガタが来ていたこともありリフォームが必要だったのでついでに行なったのですが、犬も何となくこれまでより過ごしやすくしているように見えます。

少しずつでも快適な生活を送らせたいと思っているので、今後も機会を見てペットリフォームをしていきたいと思っています。