集合住宅でペットを飼いたい気持ちはわかります


ペットブームということもありペットを飼う人は増加傾向にあるようです。

確かにペットはかわいいですし、ストレス社会の現代において癒されるという人も多いでしょう。

けれども、ただそれだけの理由でペットを飼うのは如何なものかと思います。

ペットは生き物です。

おもちゃやぬいぐるみではなく、生命を持っているのです。

「かわいいから」「寂しいから」「癒されたいから」そんな理由だけで飼い始めてしまうと、思ったよりも手が掛かることに気付いて途中で投げ出してしまう人も少なくありません。

そんな場合でもゴミのように捨てるわけにはいきませんから、さらに問題は大きくなるばかりです。

ペットを飼う際には、それなりの覚悟が必要ということを認識しましょう。

集合住宅では「ペット不可」というケースが多いのですが、その理由として鳴き声や匂いなどが近所迷惑になるからというのが大半です。

したがって、鳴き声を出さなかったり匂いがしないもの、例えば金魚や熱帯魚、カメなどであれば飼ってもいいかもしれないという考え方もできます。

しかしその際でも、管理会社にしっかり確認を取る必要があります。

もしかすると何か別の理由でペットの飼育を禁止しているのかもしれませんからね。